2015年11月03日

杉型枠

高田東中学校はほとんどの外壁がコンクリート打放しとなりますが、
部分的に外壁と内壁に杉型枠を使って、コンクリート打放し面に変化をつけます。

その他の部分に使われているパネコート型枠に比べ、生の木材を使うため非常にデリケートです。
現場が始まってから何度か試し打ちを行い、板幅や表面処理方法、
きれいに打ちあげるための打設方法などを検証してきましたが、いよいよ本番が近づいています。

construction-62.JPG

先日、先行する体育館の1F外壁分の材料が搬入されたので、全数検査を行いました。
木目、色味がどこまでコンクリート面に現れてくるか木材頼みの面もありますが、
節が多すぎるものや、きれいでないものは除きます。

construction-63.JPG

あとは打設する日の天候ですね。

打上がりが楽しみです。


kit/SALHAUS
posted by SALHAUS at 19:33| Comment(0) | construction