2016年04月25日

体育館の木梁を架けています。

4/7より、体育館の木梁の施工が始まりました。

一枚目の写真は4/12に撮影した、アリーナ部分の写真です。
コンクリートの壁面と同じ曲線に加工した、岩手県産唐松の集成材が連続して架け渡されています。

construction-138.JPG



設置前の地面に置かれた木梁を見下ろすとこのような感じです。
近くにいる人と比べてもらうとわかるかと思いますが、とても大きな木梁です。
25層程の木(ラミナと言います)を積み重ねて、梁せい(高さ)が800mmの梁を作っています。
梁の加工は福島県郡山市にある木材工場で行い、運搬されてきました。

construction-139.JPG



木梁は一本づつクレーンで吊り上げて設置していきます。
風が無いタイミングを見計らっての慎重な施工になります。

construction-140.JPG



木梁の継ぎ目の部分です。
継ぎの所で金属のプレートを挟み込んだ後に、ドリフトピン(点々と見えているもの)を打ち込み、固定します。

construction-141.JPG



木梁を上から眺めた写真です。
梁の曲線がはっきりとわかると思います。

construction-142 2.JPG


アップルロードから木梁施工の様子がよく見えています。
通りがかりの散歩中の方も、足を止めてしばし施工状況を眺めてらっしゃいました。
今しか見る事のできない風景ですので、お近くにお越しの際はぜひご覧下さい。


sasaki/SALHAUS
posted by SALHAUS at 17:42| Comment(0) | construction

2016年04月18日

校舎の鉄骨建方が始まりました。

校舎棟の工事進捗です。
4/5から体育館に引き続き、校舎棟でも鉄骨工事が始まりました。

1枚目の写真は、体育館側から撮影した写真です。
中央に見えている部分が、2クラスの教室と多目的スペースになる部分で、1学年分のスペースになります。

construction-133.JPG



宮古の工場から搬入された鉄骨を現場で設置し、柱や梁として建物を支えます。
写真の手前に見えているのは、柱になる鉄骨です(横たわっています)。

construction-136.JPG



上の写真で横たわっていた、柱となる鉄骨の設置後の写真です。
こちらは1階の廊下になる部分です。左側が教室・多目的スペースになります。
廊下の幅は2m程で、高さ約8mの吹抜け空間になります。
写真左手のグラウンド側には高窓が付きますので、日も十分に差し込みます。

construction-134 2.JPG



廊下の吹抜けを2Fから見下ろした写真です。
高窓を通してグラウンドや広田湾が綺麗に見えます。

construction-135 2.JPG

設計時に作成した、同じ場所の模型写真はこのような感じです。

model-1.jpg

2枚を見比べると、完成後の空間のイメージが分かりやすいのではないかと思います。



教室・多目的スペース部分には、木梁が写真の点線のように架かります。
室内からも気仙杉の木梁が見える、緩やかな曲線の天井になります。

construction-137.JPG



教室部分の木梁の施工は4/22からの予定ですので、次回の校舎進捗はその様子をお伝えします。


sasaki/SALHAUS
posted by SALHAUS at 08:13| Comment(0) | construction

2016年04月04日

体育館の棟梁がかかりました。

3/21〜24に掛けて、体育館の棟梁(鉄骨)の建方が行われました。

まずは全景、現場事務所から体育館を見た写真です。
切妻型のコンクリート壁をつないでいる大きな梁が、今回架け渡した棟梁です。

construction-128.JPG



高さ1.8m、幅0.5mある大梁です。
一本では現場に搬入出来ないため、宮古の鉄骨工場から、写真の様に6つのピースに分けて現場に運ばれました。

construction-129.JPG



ピースを一つづつクレーンで吊りながら、足場の上まで持ち上げます。
足場の上に正確に設置した後、ピース同士をしっかりと固定し、最後に溶接を行い一本の梁になります。

construction-130.JPG



こちらが一本につながった状態の梁です。
横から突き出しているプレートは、木梁を留め付ける部分になります。

construction-131.JPG



B1Fの型枠の建込みが進む、武道場側(南側)からの体育館の写真です。
ひな壇状の地形に合わせた建ち方をしているため、アップルロード側(北側)から見ると平屋のように見えますが、
武道場側(南側)からは3階建て以上の高さになります。
見る場所によって、様々な見え方をするというのも、この学校の特徴ですね。

体育館の進捗、次回は木梁工事をお伝えします。

construction-132.JPG


sasaki/SALHAUS


posted by SALHAUS at 18:29| Comment(0) | construction